ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・医療・福祉 > 健康・医療 > 新型コロナウイルスに関するお知らせ

公式サイトがつながりにくい場合にはヤフー株式会社の協力によるキャッシュサイト<外部リンク><外部リンク>をお試しください

市長からのメッセージ
新型コロナウイルス感染拡大防止のための対策
窓口・手続き関連情報
市民アンケート

新型コロナウイルスに関するお知らせ

印刷用ページを表示する更新日:2022年11月21日更新 <外部リンク>

市民のみなさまへ

市民の皆様へ

冬の新型コロナ&インフルエンザ同時流行に備えて

新型コロナ&インフルエンザ対策

新型コロナ&インフルエンザ対策 [PDFファイル/581KB]

受診方法(発熱等の症状がある場合)

栃木県におけるフォローアップ体制

発熱等がある場合の受診方法について(栃木県HP)<外部リンク>

療養期間の目安

感染者が増大する中、保健所の対応について重症化リスクのある方への支援に重点化するため、保健所から感染者の方全員に療養終了時の連絡はしないことになりました。

保健所から連絡のない方は、以下の解除基準にもとづき、ご自身でご判断ください。

詳細は県のHPをご確認ください。<外部リンク>

救急外来・救急車の適切な利用について

救急外来・救急車の適切な利用について

救急外来・救急車の適切な利用について [PDFファイル/123KB]

こんなときにはすぐに119番‼
こんなときにはすぐに119番[PDFファイル/144KB]

重大な病気やけがの可能性があります
重大な病気やけがの可能性があります[PDFファイル/157KB]

突然のこんな症状の時にはすぐ119番
突然のこんな症状の時にはすぐ119番[PDFファイル/1.47MB]

自宅療養者・濃厚接触者・陽性者の方へ

自宅療養者・濃厚接触者・陽性者となられた栃木県民の方は、以下のお取り扱いをご覧いただき、対応のご協力をお願いいたします。

栃木県ホームページもご覧ください。新型コロナウイルス感染症に関する情報<外部リンク>

新型コロナウイルス感染症の「濃厚接触者」について [PDFファイル/172KB]

感染に備えて~もしものための備蓄と家庭内感染防止対策~

◆自宅療養期間はどのくらい?
◆食料品や日用品を備蓄しよう ※備蓄品リスト掲載
◆小山市の生活支援
◆家庭内感染予防のポイント

1

詳しくはこちらのサイトをご覧ください→ /site/korona/255755.html

マスクは場面に応じて適切に着用しましょう。

マスクの着用は、引き続き基本的な感染防止策として重要ですが、状況によっては着用の必要がない場合もあります。以下の資料も参考に、場面に応じ適切にマスクを着用いただきますようお願いいたします。

マスクは場面に応じて適切に着用しましょう [PDFファイル/203KB]

保育所・認定こども園・幼稚園等の就学前児のマスク着用について [PDFファイル/133KB]

新型コロナウイルス感染症 療養後も残る症状(いわゆる後遺症)について

 新型コロナウイルス感染症は、発症直後だけでなく療養後も症状が残るという報告があります。

 ご自身や身近な方の生活を守るためにも感染対策を徹底しましょう。

 

また、栃木県では新型コロナウイルス感染症の後遺症に関する相談窓口を設置しております。

後遺症のことでご不明な点などございましたら、こちらにご相談ください。

○後遺症相談センター

電話番号 0570-783-383

受付時間 午後3時から午後9時(土日、祝日含む)

対応内容 症状や体調に関する相談受付、症状に応じた医療機関の案内など

詳細は県のHPをご確認ください。<外部リンク>

コロナ対策へのご協力をお願いします。

感染のリスクを減らすために「マスクの着用」「3密の回避」「手洗い消毒」などの基本的な感染症対策を徹底しましょう。

クラスターの発生を防ぎましょう

クラスターの発生を防ぎましょう [PDFファイル/159KB]

最初は違和感
最初は違和感そのうち習慣「マスク会食」 [PDFファイル/689KB]

感染リスクが高まる「5つの場面」
感染リスクが高まる「5つの場面」 [PDFファイル/516KB]

外出時には、コロナ感染予防対策を!~感染者数が増加している地域への外出は控えましょう~

【外出時の注意点】

  • 飲食店がテイクアウト対応している場合は、テイクアウトを利用しましょう。店舗、飲食店を利用する場合は、可能な限り混雑時を避けて利用し、混雑していれば出直すことも検討してみましょう。レジなどでやむを得ず並ぶときには、ソーシャルディスタンスを意識して、会話は控えめにしましょう。
  • 電車ではなるべく空いている車両を選びましょう。電車から降りた後、混雑している場合は少しホームで待って、人混みがひと段落してから、階段・エスカレーター・改札を利用しましょう。
  • エレベーターのボタンなど不特定多数の人が触れるボタンは、指先で直接触れないような工夫をしましょう。
  • タクシー・バス・電車・新幹線・飛行機など公共交通機関利用時は、不必要なものには触れず、マスク着用、乗車・搭乗中の食事は控えて、短時間であれば飲み物も控えましょう。利用後、早くに手指消毒を行いましょう。
  • 不特定多数が利用するトイレ内では、個室の中でも手指で直接目鼻口を触らないように注意しましょう。利用後はトイレを出た後にも十分手指消毒をしましょう。
  • 携帯電話・スマートフォン・タブレットの液晶面の消毒にも注意しましょう、スマートフォンの貸し借りは避けましょう。
  • 支払いは、可能であればカード・電子マネーを利用しましょう。
  • 紙幣・硬貨を触った後は手指消毒を行いましょう。

 

新型コロナとの闘いを乗り越えるオールとちぎ宣言

新型コロナとの闘いを乗り越えていくことを宣言しました。

宣言書

宣言文 [PDFファイル/82KB]

新型コロナとの闘いを乗り越えるオールとちぎ宣言

新型コロナとの闘いを乗り越えるオールとちぎ宣言 [PDFファイル/385KB]

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)